ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文 38

<<   作成日時 : 2009/12/06 16:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はマルコム・グラッドウェルの2冊を昔読んだ時の感想文をアップします。

「第1感」(著:マルコム・グラッドウェル)
情報過多が判断を迷わす
外見などの直感的な偏見(ステレオタイプ。例:黒人と暴力をつなげたりする事)は抑える。
重要な判断に関して確かな事はない(市場調査の話)
言葉で説明しようとすると瞬間的な洞察は鈍くなる(ジャムの味や人間の顔の特徴など)
自分の得意な事・いつも気にかけている事は、経験と情熱で第1感の質を高めていける
3個中2個同じものを置き、どれが違うかを当てるテストは、最初と2番目に飲んだものの味を、言葉で表現し記憶にとどめ、短時間でも束の間の感覚を何か恒久的なものに置き換えなければならないので、当てるのがムズカシイ
プレッシャーにさらされると、興奮しすぎて、ある地点を超え、身体が多くの情報源を遮断し始めるため1感が役立たなくなる。適度なプレッシャーは適度に情報をさえぎり集中力を高める。
時間がないと、人は極度に興奮した時と同じ、情報源を遮断しすぎてステレオタイプの思い込みに陥りがちになる。
訓練と経験で、極度に興奮していても時間的に切迫していても、瞬時の判断を高める事はできる
瞬時の認知が生じる環境を制御できるなら、瞬時の認知も制御できる。


「天才 成功する人々の法則」(著:マルコム・グラッドウェル)
1万時間以上・自主的に・複雑で・努力が見合う報酬がもらえる仕事を続けると、仕事に意義を見出す事ができ、成功しやすくなる。
才能があっても、それを1万時間以上磨く好機(それは生まれた年や月、制度だったり、裕福な家庭に生まれ他人と上手く交渉できる技術を身につけていたり、といった事に左右される)が与えられていないと成功はできない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文 38 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる