ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS うぬぼれ刑事(マラカスの詩)

<<   作成日時 : 2010/08/20 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



今日は前回があまり面白くなかったので、期待していないけれど、「うぬぼれ刑事(マラカスの詩)」(http://www.tbs.co.jp/unubore5/)を観ました。

「うぬぼれ刑事 マラカスの詩」(演出:宮藤官九郎 / 吉田 健 / 土井裕泰・脚本:宮藤官九郎。60分(CM込み))

ネタ的に笑えた所

特になし

演出的に良かった所

赤い服に安っぽいハイヒールで登場するキョンキョン。
バーでどんどんキツイ酒を飲んでいき、酒を飲んで男に絡み、「六本木心中」を歌い、吐くキョンキョン。
家政婦・蒲田のキャバクラ・コスプレ居酒屋・ゆかたパブ・サングラスにコート・下着姿などヤマトナデシコ七変化なキョンキョン。
タバコを吸いながら演技のダメだしをするキョンキョン。
酔っ払い役がとてもお似合いだったキョンキョン。
うぬぼれ刑事の踊りに合わせて踊りだすキョンキョン。
観覧車の照明。

全般的に
今回は小泉今日子がとてミリキ的だった。すれた感じがとても良かった。
犯罪の内容(旦那の死期が迫ったので、奥さんから旦那を殺してくれと愛人が頼まれる)も面白かった。撮り口や演出は面白くなかったけれど、香水が捜査の決め手になるというのは基本的な演出で良いと思った。
ネタはツマラナカッタけど、小泉今日子がとてもミリキ的に撮られていて、ボク的にはナカナカ楽しめる作品だった。
次回は三田佳子で「大物感」。ウチ等の惚れたはれたはタマのとりあいやでぇ〜!!

「マラカスの「詩」としたのは、多分武田鉄矢主演の映画「刑事物語」へのオマージュだろう(「りんごの詩」とか副タイトルに必ず「詩」がつく)。」心にそう願う小泉今日子・中島美嘉ときたら長瀬の「長」の字は「永」なんじゃないの?と勘違いしてしまう長七郎であった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日阪神にドラフト4位指名された秋山拓巳投手が
先発登板予定らしいです
個人的には打者で見たかった選手だったんですが・・・
まぁ仕方ないですね 投球を楽しみにしたいと思います
もうひとつママデュークさんがアカギを第3話まで見るとは
思いませんでした
ヤクザの台打ち矢木圭次が最初は強気だったのに段々と
アカギに追い込まれ自信を失って弱気になっていく様は
何か開幕前強気だった横浜尾花監督に重なってしまいます
2009シーズンより100点失点を減らすと公言していたのに
ふたを開けてみたら昨シーズンより失点が増えている始末
尾花監督の采配もバントして先制点はとっても投手が
持ちこたえられず失点の連続で まさに「尾花混乱」状態
弱ってる横浜から他球団が勝利をむしるだけむしる感じ
麻雀は知らなくてもアカギの内容を野球やスポーツなどの
駆け引きに置き換えればかなり面白いですね
あと古谷徹のナレーションが面白い「矢木に電流走る」とか
作品が終盤にいくと「昭和40年の2千万は現在の貨幣価値に
換算すると2億以上である」とかいちいち説明が入って
笑えてきますよ
風の谷のトモチカ
2010/08/21 09:13
秋山、阪神でピッチャーになっていたんですか。結果楽しみです。
アカギの話は面白いですね。ハマリそうなので3話でやめましたが、時間のある時に観ようかなと思います。横浜は強い球団に骨の髄までしゃぶられまくってますね。この前の阪神三連戦全て10失点以上というのは監督就任時の尾花には考えられなかったんじゃないでしょうか(笑)。
野球と言えば中日ブランコが復帰して三階席にホームランしていましたね。やっぱりブランコはオモシロいとボクは思いました。
それでは失礼致します。
ママデューク
2010/08/21 14:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
うぬぼれ刑事(マラカスの詩) ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる