ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文 44

<<   作成日時 : 2010/08/21 22:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像「なぜあの人はあやまちを認めないのか」(著:キャロル・ダヴリス エリオット・アロンソン)
簡単に目的達成した場合と目的達成に困難があった場合では、困難があった場合の方が目的達成をありがたがったり固執したりするようになる。
一度何かを決断するとあらゆる手段を使ってそれを補強正当化しようとする(例えそれが間違った決断でも)。
人間は取り返しのつかない(取消できない)決断であればあるほど、決断した事柄が正しかったと思い込む。
他人を攻撃する事でストレスを発散すると、その事を正当化しなければならず、ストレスはさらに強いものになり逆効果(例:侮辱した相手をやっつけようと相手の上司に侮辱した事を告げ口すると、かえってあの男はこうされるのが当然と思い込み(正当化)、怒りも血圧上昇も益々強まる。攻撃行為が自己正当化を生み、自己正当化がさらなる攻撃に繋がる。逆に嫌いな人に寛大な行為をすると善意と憐れみの連鎖を生む。「親切にしてやった人よりも親切にしてくれた人の方が、又あなたに親切にしたいと思っている」。)。
精神科医や心理療法士が自分の思い込み・正当性の強さの為に、患者の作り出したありもしない幼児虐待の記憶を信じる事がある(悪い場合には精神科医や心理療法士が患者に幼児虐待の記憶を植えつける場合がある「精神疾患があるのは患者に何らかのトラウマがあるという思い込みからくる」)。精神科医や心理療法士が自分の臨床治療に自信があればある程、自分の治療が正しいと思い込む為に、何が何でもトラウマを見つけようとする傾向がある。フロイトの臨床治療や夢判断などが現在の精神病の研究において「科学的でない(間違う可能性が高い)」というのがボク的にはかなり意外だった。
刑事や検事が一度被告人が有罪だと決めつけると、それを正当化する為に、被告人に不利な証拠は積極的に取り上げ、有利な証拠は軽視して、無実の被告に有罪判決をする冤罪の危険が高まるという話が怖かった。精神病患者の記憶と同じく、刑事が被告人を誘導して、やった事も無い犯罪を自供させるというのも怖かった(現在取調べの状況をビデオに録画するなど自供がいかにしてなされたかをチェックする方法を採る国もあり、虚偽の自供を防止する対策が採られている)。
自分が行った善い行いは自分の善良な性格のおかげ。悪い結果は状況や環境のせい。自分に対してだけでなく夫婦の相手に対してもこのように考えられるようになるのが、夫婦が上手くいくコツ(しかし自分に対し善行は自分の性格・悪い結果は環境のせいと考えがちの人は、夫婦の相手に対しては逆に良い行いはたまたま・悪い行いは性格が悪いからと考えがち。そうすると夫婦生活は上手くいかない。)
難しいけれど誤ちを犯した時の自己正当化をやめて、率直に誤ちを認める事が重要。誤ちや間違いを出来の悪い人間の証拠と考えるか、これからできるようになる証拠と考えるのかで違いが出てくる(後者になって誤ちは次へのステップと考えて素直に認め、反省し、その誤ちから学ぶ事が重要)。
全般的に
自分も誤ちを正当化して、無理な正当化の為に益々傷口が広がった経験が何度もある。難しい事だけど誤ちを率直に認め、その誤ちから学んでいく事が重要だと思った。
自分は自分が思っているよりプライドも高いらしく、自分は絶対正しいとか性格が善良で悪い結果は環境のせいとか思い込みがちなので気をつけようと思った。
ナカナカ面白い本。

「フロイト的精神病の臨床治療は科学的でない(間違う可能性が結構ある)というのがオドロキだった。」心にそう願う人生失敗続きでトラウマだらけの長七郎であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日先発した秋山 6回4失点で負け投手になりました
ジャイアンツ打線相手によく投げたと思います
低目にボールを集めようとしていたのが印象的でしたね
昨日の秋山投球ハイライト
http://www.youtube.com/watch?v=poUqAH3DVgU
でも個人的には打者秋山でみたいですね
Gストリームで8月21日の試合の全編が見られます
http://www.giants.jp/G/gstream/
2回表、4回表に秋山の打席が見られるんですが
振り遅れてるけど、いい打撃フォームしてるんですよね
それだけに何か惜しい感じがします
もうひとつ 広島カープに入団した今村の初登板動画
http://www.youtube.com/watch?v=HgkTFd8naOI
こちらは味方野手に足を引っ張られ2回5失点負け投手でした
初回をうまく切り抜けられればもう少し投げられたと思う
外角の制球の良さは高校の時と同じだと思いますが
真っ直ぐのスピード落ちたのが少し気になりますね
ここが次の課題ですかね
風の谷のトモチカ
2010/08/22 09:53
風の谷のトモチカさんコメントありがとうございます。
秋山のピッチングと2回表のバッティング観ました。
身体はもう充分できている感じの体格でしたね。あの身体ならもう少し球が速そうだと思ったのですが、140キロ出て無かったですね。落ちる変化球など低めにボールを集めていたというのも何となく分ります。もう少し速い球を投げられるようになって欲しいです。
2回のバッティング観ましたが、確かに打撃フォームいいですね。高卒で巨人戦先発。身体能力が高そうなので確かに打者に転向しても面白そうですね。
それでは今度は今村の投球観ます。
ママデューク
2010/08/22 15:03
今村のピッチング1回表だけ観ました。
右バッターに対する外角のコントロールがいいみたいですね。左のホワイトセルを内角攻めにしていたのもあのコースのコントロールに自信があるから石原がリードしたのじゃないでしょうか。この人もまっすぐ140キロ出ていませんでしたね。もう少し球が速くなると、コントロールとマウンド度胸の良さ(満塁ホームラン打たれてもあまり動揺が無い感じがしました)もあるので、のびてくるのではないかと思いました。今のどん底の広島(まぁ横浜いるけど)には特に新戦力のフレッシュな力が必要だと思います。それなのにヒューバー・東出・・・・。足引っ張りすぎ。盛りたてないとダメなのに・・・・。
それでは失礼致します。
ママデューク
2010/08/22 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文 44 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる