ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文 43

<<   作成日時 : 2010/08/12 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像「「ジャパン」はなぜ負けるのか? 経済学が解明するサッカーの不条理」(著:サイモン・クーパー ステファン・シマンスキー)
日本はパス回しの速いヨーロッパサッカー(イタリア・フランス・ドイツ・スペイン・オランダなど西ヨーロッパの大陸のサッカー)のプレイスタイルを身につけることが強くなる鍵(Jリーグにいるより、二部でも三部でもいいから西ヨーロッパサッカーリーグで経験を積む事が重要)
工場の移民達が移民してきた土地への帰属意識を高める為に、その都市のサッカーチームを支持した為、工業都市(リバプール・マンチェスターなど)には強いチームが多い。現在は巨大都市(ロンドンやモスクワ)の裕福なサッカーチームが強くなる傾向(裕福でなければ高額のスター選手を維持できないから)。
優秀なPKキッカーやゴールキーパーはゲーム理論の混合戦略(一番効率のいい方法)を自然と採用している。
サッカーは優秀な選手が誰かはっきり分る透明な競争市場なので、非効率な人種差別(上手い黒人選手を採用しないなど)は自然と無くなっていった。
スタジアム建設はほとんど税金で行われるが、経済効果は乏しい。
スポーツイベントは経済効果は乏しいが、幸福感は高めてくれる。経済が豊かになりすぎて経済効果だけでは幸福感を感じられなくなっている先進国にとっては、幸福感の高まりは貴重で充分に価値があるけれど、南アフリカなど貧しい国にはスポーツイベント招致やスタジアム建設より低所得者住宅建設などの貧困対策の方にお金をかけるべきという話が面白かった。
イングランド代表が弱い理由。
1、自国の世界トップリーグ、プレミアリーグでのイギリス人の人数とイギリス人がプレーする経験が少ないからというのは嘘。逆にイングランド代表がプレミアリーグにいすぎて体力精神力をすり減らして代表戦で満足な戦いができないのが原因。外人だらけにプレミアリーグがなっても、サッカーの質の高さを維持できればファンはついてくる(例:アーセナル)。*輸入代替。輸入をやめなかれば自国の産業は開発される機会が無いが、逆に輸入を止めると輸入品(優秀な外国人選手)より質の悪い製品(下手なイギリスの選手)を作る自国産業を保護し、効率が悪くなる(製品「サッカー」の質が落ち、消費者「ファン」も買わなくなる)危険がある。
2、イングランドの選手は労働者階級が多く、教育嫌いの傾向があり、頭を使ったサッカーをしない傾向がある。あらゆる階級から人材を確保しないとサッカーのスキルが伸びる可能性が狭まる。
3、西ヨーロッパ大陸(フランス・ドイツ・イタリア・オランダ・スペイン)の速いパス回し・休む時は休む・疲れる後半に強いサッカーからイングランドは遠かったのが原因(イングランドのサッカーは走り回り、前半で疲れてしまうサッカー)。西ヨーロッパ大陸の監督と戦術を採用してイングランドのサッカーは改善された。
サッカー強国になるには人口と所得と代表の国際試合での経験が必要。人口の多い国ほど才能のある人は多い。裕福な国は才能を見つけ、訓練し、育てるのが上手い。
いいサッカーをするにはイタリアの守備・ドイツの勤労倫理(勤勉と規律。組織サッカーには不可欠)・オランダのパス回しを取り入れる。
西ヨーロッパ大陸のサッカースタイルが世界中に伝播している現在、サッカースタイルで違いが無くなってくると、中国・日本・アメリカなど人口も多く、経済的に豊かな国が強くなっていく可能性がある。

「小学生の頃サッカーをするとマンガ「キャプテン翼」の巨漢中西君の影響でキーパーばっかりさせられた・・・。」心にそう願「ボクの心臓まだ動いてる・・・」長七郎であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中田がプロデビューした頃は晩年の清原みたいで
重心が高い構えでスイングし 左足がアウトステップするのと
打つ時に左足を上げていたから真っ直ぐも振り遅れ
変化球も左腰が開くからバレリーナのように泳がされて
見るも無残なスイングだったと思います
1年目中田翔 vs田中将大
http://www.youtube.com/watch?v=Pqvd8ejHH_E
最近は重心を下に落とし左足もほとんど上げなくなり
ドッシリした打撃フォームに変わってますね
プロ1号 vs大嶺祐太
http://www.youtube.com/watch?v=F3pmw2ga244
公式戦初対戦 vs田中将大
http://www.youtube.com/watch?v=I5rry8q9MSs
左足は上げないけどバットを構える角度とかが
石井浩郎の打撃フォームに似てるかな?と思いました
http://www.youtube.com/watch?v=Hicq1dWQBTA
打席数も少ないし相手に研究されて崩れるかもしれないけど
今シーズンどこまで成績を伸ばせるかは楽しみですね
風の谷のトモチカ
2010/08/13 18:12
風の谷のトモチカさんコメントありがとうございます。
早速中田翔動画見せてもらいました。確かに重心が低くなっている感じがします。あと身体の回転が上手く、内角に強そうな感じがしました(素人目ですが・・・)。2発とも引っ張ってレフトスタンドにホームランだったんですが、右方向へも打球は飛んでいるのでしょうか?外角の変化球に泳がされていないでしょうか?それが心配です。
石井の動画も観て、確かにバットを構える角度とか似ているなぁと思いました。石井はちゃんとセンター方向にも右方向にもホームランしてますね。
ソフトバンクの和田・西武の涌井・オリックスの金子などいい投手から打ってるのもウレシイです。ナントか名前の通り飛「翔」して欲しいです。
そういえば、ヤクルトの由規もこのところ調子がいいみたいですね。こういう若手が活躍するともっと日本の野球が面白くなるとボクは思います。
あと日本野球でびっくりしたのは、中日のブランコの二軍落ち。落合監督が「俺の前で痛いとか痒いとか言ってる奴は使わない」と激怒していたみたいですね(ネット情報)。ボクの中ではブランコがいない中日は魅力半減です。
それでは失礼致します。
ママデューク
2010/08/13 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文 43 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる