ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀有(映画「さや侍」を鑑賞)

<<   作成日時 : 2011/07/09 18:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は休みなのでムービックス亀有(http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000025_CALENDAR.html)に松本人志監督第三弾「さや侍」(http://www.sayazamurai.com/)を観に行きました。ボクはこうみえてダウンタウン世代。「夢で逢えたら」「ごっつええ感じ」のダウンタウンのコント・「クイズ」「誘拐」というダウンタウンの漫才で育った世代です。だから清水の舞台から飛び降りたつもりで、1000円も払って「さや侍」を観てみました。

画像


昼飯は丸亀製麺(http://www.toridoll.com/)でうどん。鼻からうどんのマンモス西もビックリ!!

画像


釜玉うどん大盛りと小エビのかき揚げ。とても美味しい!!最初紅しょうがのかき揚げ(ボクは好きだった)がまだあったのかと思ったら、赤いのは紅しょうがではなくて小エビだった。しかし小エビのかき揚げがとても香ばしく美味しかった。トリドールは侮れない。

画像


そして「さや侍」を鑑賞。


「さや侍」(監督:松本人志 103分)
前提
ボクが観た回では、カップルが6組も見に来ていてビックリ。全部で30人前後の観客だったが、30人「も」入るとはスゴイと感心した。
ついに吉本だけでなく、パチンコメーカー京楽産業が制作資金を出していた。ダウンタウン世代のバカ旦那かなんか見つけたのだろう。さすがは吉本。

話の内容はさや侍の活躍。
最初の林道・長い橋・すすき野原のロケーション・シーンは、松本に昔のテレビ時代劇の良いシーンのイメージがあるのだろうなぁと思った。
殺し屋がさや侍を狙うシーン・演出はドン引きだった(映画としての撮り口・演出としてダメなだけでなく、「ウケを狙ったのか?」どころか「何をしたかったのか?」さえ全く分からなかった)。
若殿を笑わせるギャグは何ひとつ面白いものがなかった(映像を使って面白くしようと全く考えていない。演出的な面白さもない。火のついたカゴを飛ぶアイデアを思いついたら、その日は雨で火が消えたカゴをとぶ事になったというのが、全然面白くないけれどボク的には唯一の「演出」だと思った。でも30人の観客達は結構笑っていた。チョット怖かった)。
例:一人相撲。おっさんが一人で相撲をして、観ている二人が色々言っているだけ。同じ相撲でも「ソナチネ」(監督:北野武)の沖縄の青い海白い砂浜で紙相撲のように相撲を取るギャグの「シーンとしての美しさ」・「センスの良さ」・「面白さ」とは比べ物にならないとボクは思う。
  人間魚拓。おっさんが全身墨塗って白い紙にぶちあたる。「アキレスと亀」(監督:北野武)の白い布に野球のバットでペンキが入った袋を打ってペインティングアートを作るシーン・車の屋根にバケツ入りのペンキをのっけて、白い壁のキャンパスに激突してペインティングアートを作ろうとしたら、白い壁もカラフルになったが、運転手も血まみれで真っ赤になって運転席からでてくるというシーン・演出の「絵的な面白さ(映像で魅せる面白さ)」「ブラックユーモアさ」は微塵もないとボク的には思った。
次第に街の人達がさや侍のギャグを応援していく事で盛り上がっていくという演出意図はいいが、映画「メジャーリーグ」のように最初は全く見向きもされず、応援している少数の人達の閑散とした感じをギャグっぽく出しておいて、それからどんどん応援する人達が多くなり、最後は満員の観客で盛り上がるという、最初と最後のコントラストを出した方が「盛り上げる」効果はさらに高まるとボクは思った。
風車のギャグで、口で吹いて回らなかった巨大風車が「風」で回るという演出意図は良いと思った(撮り口は全くダメだったけれど。「風」は映画的にいい小道具だとボクは思っている)。
馬鹿にされても笑われても気にしなかったさや侍が、殿様から憐れみや施しを受けて、切腹して死ぬというラストはボク的にはキショくてドン引きだった(馬鹿にされても笑われてもいいけれど、憐れみや施しを受ける位なら死んだ方がマシという松本のキショイメッセージ性あるいは「笑いに関する考え方」が出ていて反吐が出た)。
最後の坊さんが手紙を読むセリフから歌いだすのもドン引き(タモリが「セリフから歌いだすのでミュージカルは嫌い」と言っていたのが初めて腑に落ちた)で、あまりの寒さに今日は梅雨明けで外は炎天下である事をついつい忘れてしまった。

全般的に
キショイ。「松本の嫌な所が出たねぇ」という感じだった。ギャグもツマラナければ、メッセージ性もキショイ。
撮り口で「絵的に面白くしよう」と全く考えていないので、映画としての面白さは全くない。
ギャグもツマラナイものばかり。そこに自分達の「笑いの考え」や「評価」を口で説明する(大掛かりな装置の人間花火の後はこよりでくしゃみを連発する小技ギャグがいいとか)のでゲンナリ。せっかく大掛かりな仕掛けを前振りにしているのだから「火のついたカゴ」の時のように大掛かりな仕掛けが意味を無くすという制作資金をどぶに捨てる余裕な演出さえ資金繰りに困っているのか出せない。「お笑い」としても、ギャグが考えつかなくなってきたら微妙なアレンジを加えて同じギャグを繰り返す以外はボク的には観るべき所が無かった。
1000円で観たが、金と時間を返してもらうだけでなく、キショイメッセージで気分が悪くなった精神的苦痛に対して慰謝料を払ってもらいたいとボク的には思う作品だった。「大日本人」「しんぼる」の方がまだキショイメッセージがないだけ無害だとボクは思った(どっちも映画として語りたくもないので「ツマラナイ」の一言で片付けられる)。

北野武の「アウトレイジ」を観た時はヒットして続編作れるようになって欲しいと願いましたが、「さや侍」を観た後は京楽産業のような胡散臭いスポンサーも付いて欲しくないとボクは思いました。今の段階では一応ダウンタウン世代なのでネットでタダで見られるなら見ようと思うけれど、もう二度と松本の監督作品は金を払って見に行きたくないと思いました。
「お笑いのツボは人それぞれ。ボクは酷評だけど「さや侍」で笑ったり感動したりする人も中にはいる。それでいいのだ!!」心にそう願うあまりにヒドイ作品だったので書きたい事がいっぱいあってブログ書くにはチョッピリ嬉しかった長七郎であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さや侍評価キビシイですね おすぎ以上の辛口批評
松本本人は今まで作った映画の中で一番良いものが出来たと
言っていたので面白いのかな?と期待していたんですがね
本人も出ていないし、設定が今ではなく時代劇なので
ある程度見られるまともな映画なのかと思っていたけど
ママデュークさんの文章を読むと松本ワールド炸裂みたいですね
アメトーク絵心ない芸人はケンコバが良かった
最近のケンコバは下ネタコメで逃げている感じだったので
あまり面白くなかったのですが、今回は久々にいいツッコミを
ビシビシ決めていたので面白かったです
それではまた〜
風の谷のトモチカ
2011/07/10 07:44
風の谷のトモチカさんコメントありがとうございます。
今ジョギングの記録を「ジョグノート」というサイトに書き込む為にパソコンを開いたらこのコメントを発見しました。
「さや侍」ギャグで結構笑っている観客がいたので感じ方によると思います。「憐れみや施しを受けない」というツマラナイ男のプライドがある人は共感できると思うし、親子愛を感じて感動する人もいると思います。
でもボクは全くダメでした。ギャグも鼻フックとかタコと格闘するとか人間大砲とか大掛かりな仕掛けの人間花火とかテレビのバラエティでもう飽きるくらい観ているギャグのオンパレードで興ざめ。ボクは「死ぬ位なら憐れみや施しを受けて生きたい」と思っているのでキショイメッセージも共感できなかったです。
ダメなおっさんとしっかりした娘のコントラストが出ていたのと、父親が手をだして娘の手を握った時に、娘が嬉しそうに笑う所はボク的にはチョット「親子のいい感じ」がでていたなぁと思いましたが、全体的には酷すぎて良かった所を書く気が失せました。
ママデューク
2011/07/10 08:23
松本は「金は余るほど持っているので、お金と関係なく、自分が作りたい映画を作っていきたい」みたいな事をコメントしていましたが、さすがに吉本はそんな道楽に会社のお金をつぎ込む気は失せてる感じです。「さや侍」が興行的に失敗したら、今回のパチンコメーカーのような不況の割には金が余っていて、成金趣味的に金を使うスポンサーさえつかなくなるとボクは思っています。
コントMHKに懲りてNHKでさえ松本の金のかかるコントは作らないだろう(民放はなおさら)し、映画も作るのが困難になってくると、松本の作り込んだ笑いはコントや映画ではさらに観れなくなるのではないかとボクは思っています。
松本には是非金のかからない「漫才」をもう一回きちんと作りこんで欲しいなぁとボクは思っています。ボクはこうみえて「松本信者」ですから(笑)。
これから炎天下の中バーベキューに行ってきます。
それでは失礼いたします。
ママデューク
2011/07/10 08:25
ママデュークさんこんにちは
カイジ第15話の動画があったので置いておきます
第15話
http://www.dailymotion.com/video/xjwmfb_kaiji-hakairoku-hen-15-raw_shortfilms
最近のベイスターズは完全に終戦モードですね
酷使してきたリリーフ陣も打ち込まれてきたし
打線も夏バテ息切れ状態で、村田を中心にダレてきました
そりゃ尾花のキテレツ采配に付き合うんだもん疲れるわなぁ
流れを断ち切る送りバント作戦や細かい投手継投で
勝ちに結びつけばいいが、全然結びつかないし・・・
交流戦前までそれなりに頑張る→交流戦で大きく負け越す
交流戦後は意気消沈していて負け数ばかり増えていく
これが最近のベイスターズのパターンですね
TBSも水戸黄門を辞めるそうですしベイスターズも消滅かな?
それではまた〜
風の谷のトモチカ
2011/07/15 15:20
風の谷のトモチカさんコメントありがとうございます。
絵心ない芸人観ようと思ったら消されていました。スイマセン。
カイジは今度観ようと思います。
ベイスターズ江尻・牛田・山口あたりも打たれ出したんですか?はやく100敗して尾花には辞めてもらいたいです。
ボクは昨日の10回無失点のマー君登板の時の、星野のガマガエルがゲロ吐いてボーッとしているような顔が面白かったです。もう貧打に怒りを通り越して呆れて何も采配せずボーッとしていました。これじゃあ楽天の選手もやる気になりようがない。東北を元気にするなんて夢のまた夢。東北を元気づけるのはベガルタ仙台に頑張ってもらうしかないです(笑)。
それでは失礼いたします。
PS 水戸黄門が無くなるのはボク的には残念です。今回のシリーズ2話目はダメでしたが1話目はボク的にはかなり面白かったのに(視聴率は落ちたので一般受けはしなかったみたいですね)。まぁ仕方がないですね。
ママデューク
2011/07/15 20:58
カイジ観ました。設置の時何か細工したんですかね?あと、上の階をみにいったカイジの伏線がどう活きてくるのかもまだ分かりません。班長の時と比べると店長とカイジの遺恨も弱い感じがします(指マニュキュアも無理に遺恨を作っている感じがボクにはします)。沼突破口はやく知りたいです。
それでは失礼いたします。
ママデューク
2011/07/17 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
亀有(映画「さや侍」を鑑賞) ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる