ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 「松本人志のコントMHK」(2月4日)

<<   作成日時 : 2012/02/05 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 10

今日は、前回の記事のヒット数も千を超えて驚いた、「松本人志のコントMHK」(http://www.nhk.or.jp/matsumoto/)をリアルタイムで観ました。もうツマラナイを通り越してちょっと松本ワールドが怖いです(笑)。この作品で人が笑うと本気で思っているなら松本はほとんどビョーキだと思います(特に1本目)。それでは今日も変な事をしている危ない患者を力づくで抑える看護師のように作品に対するダメだしをしてみようと思います。

画像


「MACCHANG」。ツマラナイを通り越して怖い。自分の葬式に訳の分からない外人が参列して、変な儀式を行う夢を見て、うなされて起きるというコント(起きた時にその変なシチュエーションにツッコミを入れる)。儀式も面白い訳でもないし、起きた時のツッコミもボソボソ言ってるだけ。何が面白いのか風呂上がりいやいやサッパリ分からない。又松本に昔からありがちな外人を馬鹿にする感じも嫌だった。

「MHK特集」。ツマラナイ。開発事業者に噛み付いた蛇(松本)にインタビュアー(藤井)がインタビューするコント。シチュエーションが面白く、環境保護など社会批評が出てくるかと期待して観ていたら、いつものグズグズ言葉遊びだった(蛇は足が無いけど一歩前進とか二十日ネズミの腹持ちは二日。いっぱい人がいてもガラガラとか)。途中からインタヴュアーが蛇をバカにした質問をしだすので蛇が怒って噛み付くというオチ。オチもツマラナイし、言葉遊びの「上手い事言う手数(蛇は足がないが一歩前進みたいなの)」も少なかった。でもこれが今の松本の作り込んだ笑いの精一杯だとボクは思った。

「ヘレン」。キツイ。雨の中西川きよしが家に帰ってくるが、妻のヘレンが家から迎えに出てこないので、一生懸命家の中にいるヘレンを呼ぶだけというコント。セリフは「ヘレン」の連呼だけ。まぁ手抜きコントだね。ヘレンを呼ぶ演技だけでは間をもたせる事は明らかにできておらず、観ていてキツかった。最後に呼ぶのを諦めた後に、降っていた雨が止み、夕日になって電信柱の明かりがつくみたいな演出をしていたけれど「お笑いやコントの演出ではない」気がした(嫌いな演出では無かったけれど)。

「名探偵三河安城シリーズ」ツマラナイ。こんなの2回やるか?「的」のセリフもパワーダウンしていたし、「中日ドラゴンズ5番和田の目はごまかせない」はボク的には最悪だった。前回は出演者はほとんど「誰がやっても同じ」存在だったが、今回はきちんと前フリで出演者に演技をさせていた。しかしお笑いには全く貢献しない出演者の使い方で、これでは又「無駄に受信料を使っている」とネットで酷くこき下ろされると観ていて思った。最後の解説のグズグズも一緒。それを最後ちょっと自嘲気味に笑っていたのが唯一の救い(松本自身も面白くないことは分かっているという感じ)だった。

今回も相変わらず酷い出来でした。だけどこの酷いコント番組をこき下ろすのはナンダカ楽しかったです。今回唯一良かった点はコントを4本にして1本のコントの時間が短くなった事です。今の松本には1本約10分のコントなんて長すぎて、間を持たせる事はできないとボクは思います(最後はショートコント特集にした方がちょっとは面白くなるかなぁなんて事も思います「まぁきっとそれでもダメだろうけれど」)。「物凄くツマラナイ番組を30分観ると言う苦行も後1回。ナンダカ物凄い解放感がある」心にそう願うこの苦行の末にひょっとすると悟りを開けそうな元松本信者の長七郎であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
松本人志 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人
松本人志 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど ...続きを見る
Nowpie (なうぴー) お笑い芸人
2012/02/11 05:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
面白くなかったという意見には同感です。
特に三河安城に至っては完全にお手上げで、失望感以外ありません。

もし差し支えなければ、過去に好きだったコントを挙げて頂きたく思います。
好青年
2012/02/05 07:14
好青年さんコメントありがとうございます。
三河安城をもう一回やろうとした所に、松本がもうコントMHKに力を入れていない感がボク「的」には伝わってきました。
ボクは松本のコントでは「ミラクルエース」・「カッパ」・「ミスターベータ」・「妖怪人間ベム」「ゴレンジャイ」なんかが好きです。後ビジュアルバムの「いきなりダイヤモンド」も面白かった記憶があります。
最近のコントでは主に「キングオブコント」ですが、バナナマンの、朝礼で設楽が日村にちょっかいを出してそれがエスカレートしていくネタとロバートの「トゥトゥトゥサークル」は良かったと思いました。
それでは失礼致します。
ママデューク
2012/02/05 13:36
有難うございます。
なるほど。

私も質問しておいて、挙げないと卑怯だと思うので挙げておきますね。

ごっつでは
パイロット、あげだま刑事、思春期溶接編

ビジュアルバムでは、
古賀と安心の全部
辺りが好きですね。

個人的にMHKに関しては企画の段階ではノリノリで、
いざ実行してみたら今一つスパーク出来なかったという印象ですね。

クワガタ男は面白かったです。
岩尾氏の合成写真の下りはどうでもいいですが。

とりあえず自分は、信者の部類に入ると思いますので、最後まで見届けます。

長文失礼致しました。
好青年
2012/02/05 14:11
好青年さんコメントありがとうございます。
きちんと松本の作品を観ている方なんですね。松本にはそういうファンの期待を裏切らない面白いコントを作って欲しいとボクは思います。
確かにNHKでコント番組するという企画にはノリノリだった感じはしますね。しかし全然評価されず人気もなくて、今は「手を抜いて」とまではいかないけれど、全力投球せずごまかしながら作っている感があるようにボクにも思えます。
それでは失礼致します。
ママデューク
2012/02/05 14:47
管理人の批評とかコントの好みを見る限りいわゆるシュール系のコントは苦手なのね。
一本目なんかは不条理コントとしては割りと王道なんだけどさっぱりわからないとか言ってるし・・。
通りすがり
2012/02/07 22:02
通りすがりさんコメントありがとうございます。
1本目の作品は不条理コント・シュールコントなんですか。どの辺の演出が王道だか教えて欲しいです。
シュールコントとしては、よゐこの美容院で頭にたくあん乗っけた髪型をいじるコントなんかは好きです。
それでは失礼致します。
ママデューク
2012/02/07 22:16
2か月前、第一回目の放送の時に書き込んだものです。
僕も、4回目の放送を見ましたので感想を書かせて下さい。

「MACCHANG」は、まず絵ヅラが汚かった。
死人の鼻に管を入れて吸うとか、手でカレーを受けて食らうとか
さらに、その後の外人のマーちゃんと叫ぶ顔も汚い。
ちょっと、苦手でした。
ただ、「寝てまうやろなー」のくだりは
以前の松本っぽさを感じました。

MHK特集は、僕的には面白く感じました。
といっても、最近の松本作品の中では・・・
という意味です。

ヘレンは「ヘレン」という言葉を叫ぶだけで面白くなると
まだ若い頃の松本が「ガキ」かなんかで言っていたのを覚えてますが
それを体現するようなコントですね。
ただ、「ヘレン」という単語が面白いだけで、コントが面白い
というわけではありません。

ゴリ神家…は一切、面白くありませんでした。

それでも、初回や2回目よりは多少マシになってきていると思います。
放送はあと一回ですが、
松本さんには有終の美を飾ってもらいたいですね。

彼にとって最後のコントになるかもしれませんから。。。
H
2012/02/11 00:21
Hさんコメントありがとうございます。
ボクも概ねHさんと同じ意見ですね。
「MACCHANG」は確かに絵ヅラが汚かったですね。あれでヒク人は多いと思います。
MHK特集が今回の作品の中では一番面白かったとボクは思います。でもなんか「ごっつ」の頃の面白さは無い気がします。
ヘレンと叫ぶのは面白いと言うのを松本が言っていたのはボクも記憶にあります。奥さんが「ヘレン」というのは確かにおかしみはあると思います。でもこのコントは明らかに「手抜き」というかコントの企画を考えるのが面倒だった為に作った作品だとボクは思います。
ゴリ神は酷かったですね。
ボクの友達はコント作りをコンスタントにしておらずブランクが長くなって感覚が鈍ったのと、明らかに松本が「ごっつ」の頃より若さの勢いがないので、面白いコントが作れないのではないかと言っていました。確かに一理あるかなと思いました。
最後の1回ですが、ボクはベータや妖怪人間などお笑いのベタネタを意外なキャラクターがやるコントなら、今の若さの勢いの無い松本でも面白いのが作れるのではないかと思っています。昔の松本のファンなので、最後は「さすがは松本」という作品を1本でも観てみたいです。
それでは失礼致します。

ママデューク
2012/02/11 01:38
返信ありがとうございます。
ママデュークさんの批評を拝見するのは大変興味深く
昔の天才の頃の松本ファンとして共感できますし、楽しいです。

ブログ本編の最後のほうで書いておられるとおりで
ショートコントになってきたのは見やすかったです。
それを踏まえて
最終回は一本3分くらいの小ネタを7〜8本並べて
細かく笑いをとっていくのも手だろうと思いますし
逆に、松本が今の俺は「たとえ落ちぶれたと言われようがコレだ!」
と30分まるまるダラダラと
トカゲのおっさんのような長編コントをやるのも
松本らしい最期(笑)かもしれませんね。

>最後は「さすがは松本」という作品を1本でも観てみたいです。

それが、すべての元松本信者の心からの思いですよね。
私も心から、そう思います。
H
2012/02/11 22:51
Hさんコメントありがとうございます。
トカゲのおっさん「ごっつ」の最後でやりましたね。もう内容は覚えていないけれど懐かしいです。面白い面白くないは2の次で、最後は松本が本当に全部のお笑いのセンスを出し切って真剣に取り組んで作ったと言える作品が観たいです。影絵のメイとか三河安城クラスを2回やたっり、お酒のグズグズに逃げたり、言葉遊びに終始するのではなく。
それでは失礼致します。
ママデューク
2012/02/11 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「松本人志のコントMHK」(2月4日) ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる