ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS マツダオールスター2012 第二戦

<<   作成日時 : 2012/07/21 22:02   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は休みなので、日本の野球のオールスター第二戦(http://allstargame.npb.or.jp/index.html)を観ました。

印象に残ったところ

前田(広島)のストレート押し。時折投げるカーブやスライダーも良かった。前田は後半戦も活躍しそう。

吉川(日ハム)のストレート押し。そのストレートを坂本(巨人)がレフトスタンドへ2ランホームラン。坂本に打たれてからの吉川のカーブとストレートのコンビネーションも良かった。

谷繁(中日)の打球を明石(ソフトバンク)が横っ飛びキャッチとその後の素早い送球のファインプレー。

内海(巨人)と野村(広島)の真剣モードピッチング(確かにいいピッチングしていたが、派手さも華やかさもないと思った)。

ノリさん(横浜中村)タイムリー。

藤川(阪神)のストレート押し。糸井(日ハム)をストレートだけで三振にしていたのは凄かった。ただし球速は主に140キロ前半。フォークもキレは無く、タイミングをはずすような見栄えのしないフォークを投げていた。

全般的に
オールスターというのに打線に華がない。両チーム共3割あるいは2桁ホームランを打っているバッターがまばらにしかいない。名付けて「デフレ不況オールスター打線」。バブル期(飛ぶボールだった頃)のオールスターが懐かしい。

選手もなんか小粒。見るからにパワーのありそうなバッターとかピッチャーがほとんどいなかった。だから華やかさや派手さがほとんどないと思った。

大隣(ソフトバンク)が3イニング投げるとかは止めて欲しいと思った。ピッチングに全然面白みがない。しかもその面白みのないピッチングに3回1失点に抑えられるバッティングは更に面白さが無かった。

結果
4−0でセ・リーグの勝利。
MVPは前田(広島)。坂本(巨人)のホームランだとボクは思っていたので驚いたが、確かに活きのいいピッチングはしていたので納得のMVPだった。

オールスターと言っても本当に派手さや華やかさワクワク感がまるでない。なんでこんな事になったんだろう。やはり飛ばないボールの影響なのか・・・・。ボクは清原ファンなので西武の清原が桑田や与田との対決でホームランを打っていた頃のオールスターが懐かしい。「やっぱりオールスターはホームランと連続三振記録。3回無失点1安打2三振ごときの前田がMVPでは役不足」心にそう願う野球は力と力の勝負が大好き長七郎であった。「野球は魅せなあかんのじゃい」(by岩鬼)

PS 試合が終わったのでオールスターのスコアボードをネットでチェックしようと思ったが、22時現在スコアボードを公開している所を見つけられなかった。日本野球機構のホームページやマツダオールスター2012のホームページもチェックしたのに・・・。本当に酷い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マツダオールスター2012 第二戦 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる