ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文58「決定力!」

<<   作成日時 : 2016/04/09 11:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

「決定力!」(著:チップ・ハース、ダン・ハース)

間違った意思決定をしない為には、@選択肢を広げるA仮説の現実性を確かめるB決断の前に距離を置くC誤りに備える事必要
@選択肢を広げる
機会費用「使わない時間やお金で何ができるか?を考える」
選択肢の消去「避けられない・やらなければならないと決めて、その中で何をするか?を考える」
選択肢を広げるには、他の人や店などの成功例を参考にする。類推の範囲を広げて成功例を探す。類推の範囲を広げる例:競泳水着で、速く泳ぐものにまで類推を広げ、サメの肌や魚雷(胸や尻などのでっぱりをなくすピッチりした水着を開発)を参考に水着を開発し、タイムを速めた。
A仮説の現実性を確かめる
確証バイアス「自分の都合のいい情報を集めて、自分の決定を強化し肯定する」
確証バイアスに打ち勝つ為には、反対意見が出やすい状況を作る。否定的な情報が出やすい質問をする(アイポッド買う時に「このアイポッドの問題は何か?」と尋ねる)。逆を考える(嫌な相手の行為に対しても善意を読み取る。嫌いになった配偶者の良い所をさがして記録する)。意図的に失敗してみる・意図と反対の事をする(好印象でない男からの誘いを受けてみて、その男と結婚)。
どの意見が正しいかを議論するのではなく、「この選択肢の意見が最善である為の条件は何か?」と出された意見がどうすれば良くなるかを一つ一つ分析・検討するという話が面白かった。
確証バイアスに打ち勝つ為には、自分の思い込みから抜け出し、外部の基準(自分と同じ状況の人がどうしたか?という統計や口コミ)を参考にすると良い。
確証バイアスから抜け出す為には、ウーチング(小さく実験してみる事により検証する)をするのが良い。ウーチングの例:薬剤師になりたい人は1ヶ月無給でインターンしてみる。
1、反対意見を取り入れ2、外部の基準(統計や口コミ)の正しい情報を探し3、ちょっと試しにウーチングをして、自分の仮説の現実性を確かめる。
B決断の前に距離を置く。決断の際感情に駆られて決断しない。
10−10−10(10分後、10ヶ月後、10年後、自分が下した決断をどう思うか?を考える)
「自分の状況に親友がいるとしたら何とアドバイスするか?」を考える
核となる優先事項を明文化し、忘れないようにする。優先事項に力を入れる為に、どうでもいい事はやめて優先事項が出来る時間を捻出する。
C誤りに備える
一点で予測せず、幅で予測すると、予測の精度が上がる。最高の結果から最悪の結果まで結果を範囲で考える。
事前検屍「今から一年後、私達の意思決定が大失敗したとする。その理由は?」と考える。そう考える事で失敗に対する対処を用意しておく
前祝い「今から一年後、私達が大成功したとする。成功への備えは万全か?」と考える。そう考えて成功した場合の対処を用意しておく
安全率「ギリギリでも大丈夫な所から大幅に余裕を取っておく事」。例:エレベーターのケーブルの強度は必要な強度の11倍。
RJP「実際に就職後の厳しい状況を就職前に経験してもらう事」例:コールセンターに就職したい人にクレイマーの対応をしてもらって、キツイ業務を経験してもらう事で「予防接種」をしておく。これにより就職後の離職率が減少し、仕事に対する満足度も上がる。
アラームをセットする「何も考えず自動操縦で行動している時に、ある一定の条件を超えたら自動操縦はやめて意思決定を見直すように設定する事」例:デジタルカメラが市場に10%普及したら、フィルムカメラの販売からデジタルカメラの販売へ切り替える。
期間をアラームとして設ける(例:3年間は結果が出るまでやってみる)
アラームを小分けにして意思決定する機会を多くする(クッキーを一枚一枚包装している方が、一枚ごとに食べるか食べないかの決断をするので、自動操縦で何も考えず食べ続けるより、完食に時間がかかる)
パターン認識アラーム(問題が起きた時、チャンスが訪れた時にすばやく決断する機会を作る)
リスクに上限を設けると、上限までは安心して行動に集中できる。
プロセスを公正にすると集団の意思決定が改善される。プロセスを公正にするには、皆に参加の機会を与え、皆の話をきちんと聞いて取り入れ、皆が満足する事必要。
プロセスを公正にすると、意思決定に時間はかかるが、実行は皆が賛同しているので楽になる。
相手の見解を相手以上に的確に言い直すと、話を聞いて取り入れてくれたと相手は満足する。
決定を正当化するのに躍起になるより、決定の欠点を自分で指摘した方が、意思決定プロセスの公正に対して皆を満足させる事が出来る。

全般的に
「決定力!」はまだるっこしくて、かえって決めずらくなるように感じた。選択肢を広げると決められないし、情報が色々あっても決めずらい。反対意見を聞くと自分の意見に自信が無くなり決めずらくなるし、冷静になると色々分析してしまい決断力が鈍るように感じる。唯一失敗した時の事を考えておくというのは決定しやすくする要因だとボクは思った。この本は「決められるようになる」と言うより、「以下に失敗しないで決断するか?」という本だとボクは思った。
又留保があったり、但し書きがあったりして歯切れが悪いし、出てくるエピソードも具体的で面白いものが少ないのも残念だった。
「アイデアの力」「スィッチ」の具体的・単純明快の話とも矛盾するし、「決定力」は「アイデアの力」や「スィッチ」に比べまだるっこしくて、読んでいてもあまり効果的と思えず元気にもなれないとボク的には思えた本。

「ボクは色々な事がナカナカ決められないのでこの本を楽しみにしていたが、いかに失敗しないように意思決定をするか?という話で、為にはなるが、少し期待外れだった」心にそう願う失敗を恐れてなかなか新しい事をやろうと決断できない臆病者長七郎であった。決めてやる♪今夜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ママデュークさん、ずいぶんとお久しぶりです。
私は元気にやっています。
ここ2年筋力を鍛えるようにもなって、体脂肪率計で、肉体年齢32歳とか
かなり体質改善しましたよ。
昔に比べてこのブログも、更新頻度が低くなっているようですね。
ママデュークさんは元気にやっていますか?
カルタ・ストーム
2016/06/09 01:03
「決定力!」については、ママデュークさんの感想を読んだ限りだと、こういう考え方に合う人と、合わない人がいそうですね。
この中では、期間をアラームとして設ける、なんかは、参考になりそうかなあと、思いました。
私は短気なんで、ちょっと無理そうですが。
いずれにしろ、私は本で読んだ知識がそのまま役に立った経験が、あまりありません。
実体験の中からしか、学べないタイプのようです。
カルタ・ストーム
2016/06/09 01:16
カルタ・ストームさんコメントありがとうございます。お久しぶりです。最近はブログもあまり更新していません。カルタ・ストームさんは身体鍛えて凄いですね。色々な事に挑戦したり羨ましいです。ボクは最近はスロージョギングするくらい。
それでは失礼致します。
ママデューク
2016/06/12 09:15
最近はあまり元気ではありません。母が高齢で色々身体に不調が出たり、ボクも将来が不安で落ち込みがちです。ボクもカルタ・ストームさんのように身体鍛えたりとか色んな事をしていきたいなぁとは思います。それでは失礼致します。
ママデューク
2016/06/12 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文58「決定力!」 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる