ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS となりのシムラ(第六回)

<<   作成日時 : 2017/01/07 14:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はディーガで録画していた「となりのシムラ」(第6回)を観ました。

一杯だけ
バーでしつこい男から女を助けた主人公が、今度は自分が女にカラミ、別の男がそれを助けて、女もその男についていってしまうというコント。フツー。

シャッターチャンス
高級レストランで料理を写メする女を主人公がたしなめたら、シェフは料理の写真を撮ってもらいたがるというコント。フツー。

お母さんのいない日
その1。娘は自分の朝食だけ作って父親のは作らない。フツー。
その2。ツマミに食パンワロタ。若者言葉のやり取りはフツー。
その3。夜遅くまで父親のワイシャツをアイロンがけする娘。冷たい娘が実は父親思いで、いい話にしようとする。フツー。

いい人
スナックの新しい若い女の子に主人公が自分の若い部下を紹介したら、主人公ほったらかしで二人は仲良くなり主人公を置き去りにして行ってしまい、最後にはスナックのママにも相手にされず、独り寂しく店番を任されるというコント。フツーだが最後の志村のママ演技の個人技がボク的にはいいと思った。

結婚式前夜
娘が母親には長々と挨拶するが、父親には短くそっけないというコント。波瑠の「もろもろ」はボク的には良かった。その後父親にもきちんと挨拶しに行くのを入れて良い話にしようとしていたのは、ボクは余分だと思った。

ぬくもり
主人公は周りの人達から冷たくされてばかりだが、便座だけは主人公を温かく迎えてくれるというコント。バスで居眠りして若い女の子の肩に頭を寄りかけたら思いっきり突っ張られるのと、家に帰ったら誰もおらず冷めた夕飯だけが置いてあるという冷たくされるという撮り口と全体のテンポがボク的には良かった。

気になる店員
カワイイ眼鏡屋の店員が自分に気があると勘違いするおっさんのコント。お店からのはがきにそのカワイイ店員の直筆のメッセージがあるから特別だという勘違いがボク的には良かった。最後妊娠していて夫も同じ眼鏡屋の店員と言うのはフツー。設定がオモロカッタのでもっとオモロクできそうだったとボク的に残念だったコント。

飲めない人
会社の飲み会で、金を払いたくないと駄々をこねる部下に、上司の主人公が無茶苦茶言われて、その後他の部下達も上司の事を無茶苦茶言い出し、上司が泣く泣く皆の分を奢るだけでもオモロカッタのに、文句を言いだした部下が「ラーメンおごる」と上司をラーメン屋に誘い、他の部下達も皆ラーメン屋についていって和気あいあいな感じになり、笑えるだけでなく良い話にもなる事に成功していて、ボクはこのコントかなりいいと思った。

総評
お母さんのいない日その3とか結婚式前夜とか笑えるだけでなくいい話にもしようと思うあざとさが鼻につく所もあったが、飲めない人くらいの笑えるだけでなくいい話になる事に成功しているコントがたまにでもあるならそれは仕方ないかなとボク的には思えた。今回も第一回のような傑作ぞろいではないけれど、それでもぬくもりや飲めない人はオモロカッタし、おっさんサラリーマンの悲哀も楽しめたし、またとなりのシムラ観てみたいとボクは思った。

「となりのシムラはおっさんサラリーマンの哀愁を笑いに変えるユーモアがある所がオモロイ」心にそう願うよろしく哀愁長七郎であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
となりのシムラ(第六回) ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる