ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜ベイスターズ 2017セ・リーグペナントレース予想

<<   作成日時 : 2017/04/08 07:27   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

球春到来。プロ野球も開幕して先発ローテーも一巡したので、今シーズンの結果や昨シーズンの活躍を参考に、ボクの大好きなベイスターズの今シーズンの予想を書きたいと思います。
先発
石田
開幕戦四球連発打たれて躓く。映像を観ていないが、今年も二ケタ勝利は厳しいが、6回3失点と試合を作る先発ローテーとしては期待できそう
クライン
これも映像は観ていない。昨日は打たれて勝てなかったが、今季初勝利を挙げている。強力打線のヤクルトを抑えた結果を考えるとこれまた6回3失点と試合を作る先発ローテーとしては期待できそう。でも映像で投球観てみないと分からないけど。
濱口
威力のあるストレートと緩いチェンジアップの緩急。これにスライダーが低めに決まれば、昨年の今永くらいの活躍はできそう。初戦は勝ち負けつかなかったが、開幕ローテーとして十分期待できる新戦力
今永
勝ち負けつかなかったが、巨人のエース菅野と互角に投げ合うピッチング。去年よりも更なる飛躍を期待できそうだとボクは思った
井納
負けた。立ち上がりは完璧でストレートも変化球も低めに集め、キレのいいフォークで空振りをとれていたが、打たれだしたら別人。ストレートも変化球もフォークも全て高めで修正が効かずキレてしまった。初登板のように踏ん張りが効かないと、去年のようにいい時と悪い時がハッキリして、勝ちよりも負けの方が多くなりそう。でも井納だけが唯一の完投タイプで、先発ローテーを守る事はできそうだとボクは思った。
ウィーランド
勝ち負けはつかなかったが、ストレートも変化球も低めに集め、緩いスローナックルカーブを決めだすとエース級の投球をする。問題はスタミナ90球超えたあたりから絶好調の坂本と阿部に打たれて同点にされてしまった。先発完投できるかは未知数だが、先発ローテー守るどころか、うまくいけば二ケタ勝てるのではないかとボクは思った。

総評
先発は6本柱揃って全員最低限6回3失点の試合を作る投球が出来そうなピッチャーばかりなので強力。怪我してもまだ三嶋や久保なんかもいる。期待が持てる先発陣だとボクは思った

中継ぎ
勝ちパターン
パットン
ストレートは140キロ前半とそれ程速くはないが、球もちがよくリリースポイントの遅さでそのストレートで空振りがとれるのが凄い。結果も残し、変化球のコントロールもいい。課題は足の速いランナーが塁に出た時。ランナー警戒しすぎて投球に集中できない場面があった。これさえ修正できればセットアッパーも務まるとボクは思った。
砂田
去年から更なる飛躍を期待できるセットアッパー。去年のCSの活躍が砂田を成長させた。結果も残し、コントロール、変化球のキレも良く、砂田は安心して観ていられる。
山崎
今年は落ちるツーシームともう一つ変化球を覚えたらしい。ストレートは威力十分。特に巨人村田を見逃し三振にしたアウトローストレート150キロにはシビレタ。変化球のキレはイマイチだが、今年も抑えは山崎で最低30セーブ。去年程は悪くならないのではないか?と観ていてボクは思った。
その他のリリーフ
三上
相変わらず投げてみないと分からないピッチング。細かいコントロールがない。打たれもしたけど、勝ってる時にも出せる貴重な中継ぎだとボクは思った。
須田
ボクの大好きな中継ぎ。開幕からかなり打たれている。去年よりも球速が落ちてるのが心配。それでも球は「だいたい」低めにきてるし、外角のコントロールは悪くない。去年程の活躍は難しそうだが、1イニングで相手チームの怖いバッターでない下位打線とかなら抑えられそうとボクは思う。
タナケン
去年コントロールが抜群だったタナケンが開幕からコントロールで苦しみ打たれているのは心配。それでも一昨日昨日はきちんと抑えていたみたい。タナケンも去年程の活躍は難しいけれど、大事な所の左のワンポイントとかなら任せられそうとボクは思った
進藤
横手投げの大胆なフォームから投げる投球。ストレートが高いけど、キレる落ちるボールもあるので、高低のコントラストがつき、落ちる球で空振りもとれる。昨日は初めて勝ちパターンで投げたがフォアボール連発で打たれて自滅。それでも負け試合に投げて経験を積んでくれば楽しみなピッチャーだとボクは思った

総評
新戦力パットンと砂田の成長で勝ちパターンが確立できそうなのが強み。789、砂田、パットン、山崎で、三上もまだ勝ちパターンに加わっていける。去年程の活躍は期待できないがそれでも須田やタナケンもいるし、進藤は敗戦処理で長いイニングも投げてもらえそう。又まだ一軍登板はないが、熊原なんかも面白そうで、中継ぎ陣も今年も期待できるとボクは思った

打線
ボクの一番いいと思う打線
一番センター桑原
開幕三連戦では打てなかったが、巨人の菅野が桑原を目覚めさせてくれた。今年は去年以上の活躍を期待。ボクの大好きな選手。
二番セカンド田中浩
繋ぎのバッティングをするなら梶谷二番より田中二番の方がボクはいいと思う。解説の宮本が言っていた肩がそれ程強くないというのが懸念。
三番ファーストロペス
去年の終盤の絶好調を今年の開幕でも持続した。ストレートに滅法強いし、抜けた変化球が高めに来てもホームランできる。この調子を一年間持続してほしい。
四番レフト筒香
開幕打てていないが深刻な不調ではないとボクは思いたい。まだホームランも出ていないが、はやく一発打ってノッていって欲しい。相変わらずストレートに弱く、変化球の方が強い。
5番サード宮崎
今年も「意外」と期待できるバッティング。今年も期待外れのストレートに力負けするシリアコ、変化球にはクルクルの白崎よりかは守備に目をつぶって宮崎をサードで使いたい。エリアンでもいいけれど。
6番ライト梶谷
去年の悪い時よりは打ててるし、チョットは粘れている。トリプルスリー狙えるほど絶好調ではないが、悪かった去年以上の結果は残してくれそう
7番倉本
開幕から絶不調。守備にまで影響してエラーもあった。しかしボールは見極められるようになり、昨日もヒット打って復調の兆し。守備も軽快になってきた。ボールを見極めボールに手を出さなければ、去年程の好成績は残せないかもしれないが、2割7分くらいは打ってくれそう
8番戸柱
「意外」に打席で粘れている。今年もその日の投手のいい球で押すリードにも期待。
9番ピッチャー

代打
乙坂
カミネロの150キロ越えのストレートを外野の頭を超える長打にしたのにはシビレタ。代打の切り札は乙坂
佐野
映像で観ていないけれど、スラッガータイプらしい一度バッティング観てみたい
これに一軍ではまだ出ていない後藤や下園もいる

全体的な総評
今年のベイスターズは今2勝5敗と負け越しているが強い。先発の充実はセリーグでも一番ではないかと思う。野球はピッチャー。まず先発が試合を作れるピッチングをしてくれることが一番重要。そしてリリーフ陣も勝ちパターンが確立できる。打線は筒香に当たりがでないのでイマイチ打線全体の盛り上がりには欠けるが、桑原、倉本が復調してきた事で打線が切れなくなった。代打陣も悪くない。菅野とかエース級を打つのは難しいが、2番手3番手以降の先発ピッチャーなら打ち崩せるのではないかとボクは思った。早く筒香が当たりを取り戻して打線全体を活気づけて欲しい。今の戦力で大きい怪我の離脱がなければ、ボクは今年のベイスターズ、4月に5割復帰どころか結構貯金を貯める事ができて、巨人・広島と優勝争いしながらセ・リーグ優勝、日本一も目指せる強いチームだと、今までの今シーズンの戦いを観て思った。ガンバレ!!ベイスターズ!!ホームランかっ飛ばせ!!筒香!!

「野球は自分ではどうする事もできない関心の領域。そんなに力を入れて応援せず、もっとジョギングとか料理とか自分の行動で楽しむことが出来る影響の領域を充実させたい。ベイスターズ応援は楽しめる程度で」心にそう願うベイスターズの応援もいいけれどまず自分の人生頑張らなきゃ長七郎であった。ベイスターズ頑張れじゃなく、お前の方が頑張れよという感じ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜ベイスターズ 2017セ・リーグペナントレース予想 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる