ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 人情紙風船

<<   作成日時 : 2014/02/08 17:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「人情紙風船」(監督:山中貞雄 86分)
話の内容は、貧乏長屋で起こった悲しい出来事。
夜、長屋の前の道の溝に降る雨ではじまるオープニングが良かった。
長屋のシーンで、両脇の家々の玄関から色んな人が出たり入ったりするシーンが良かった。
金魚売りの口上と愚痴が良かった。
大家と髪結新三が話している所に、画面横のお店から女中が出てきて水を撒き、大家の足に水がかかりそうになって、折角直した下駄の鼻緒が再び切れるシーンが良かった。
お通夜の宴会が楽しそうなのが良かった(歌ったり、踊ったり、酒飲んだり)。
盲のいちが「目が見えなくてもお見通し」という演出がコミカルだった(いちの取り皿から盗み食いする所とキセルを盗む所)。
大家が刺身に文句を言うと、新三が「大家の金でもっと立派な酒と魚を買ってこい」というのがコミカルだった。
宴会で騒いでいる音が聞こえる中、浪人の家では、浪人は外を眺め、奥さんは黙々と内職して静かなのが良かった(騒々しさと静かさのコントラストが良かった)。
死んだ父親の知り合いのお偉いさんにウザがられて、ヤクザを使ってボコボコにされて追っ払われる浪人が悲しかった(浪人がへつらって下手に出ているので余計に悲しい)
大店(質屋の白子屋)の番頭にニコニコ対応しているのと、新三に凄みを効かせて厳しく責めているのとのヤクザの親分の対応のコントラストが良かった。
新三が開帳している賭場に沢山のヤクザがのりこんできた時に、明りを消して暗闇の中二階の窓から飛び降りて逃げる新三のシーンが良かった(ヤクザ達が1階の玄関を蹴破って入り込んでいる間に、新三は2階から飛び降りて逃げるという撮り口が面白かった)。
約束通りお偉いさんの邸へ行ったのに、門前払いされる浪人が悲しかった。その後居酒屋でらっきょをツマミに独り酒を飲んでいるのも悲しかった。
縁日で雨が降って、皆がドタバタ片付けたり(特に手前に門、奥にドタバタのショットが良かった)、門の所で雨宿りするシーンが良かった。
雨の降る中、お偉いさんに頼みに行って、お偉いさんから小銭を投げ渡されて「もうつきまとうな」と言われ、金も拾わず土砂降りの雨の中、ずぶ濡れで立ち尽くす浪人がとっても悲しかった(ここでもへつらって下手に出ているのにむげにされるので尚更悲しい)。その後土砂降りの中、ずぶ濡れになってうなだれてトボトボ帰るのもとっても切なかった。
新三が大店の娘を無理矢理家に連れ込んだ時の、雨漏りの為に置いた桶に雨水がはねる音とショットがボク的には印象深かった。
ヤクザが金で懐柔したり、刃物をチラつかせて脅しても、屈しない新三は「男」だった。
大家が娘を返して、大店から大金(50両)を貰った時に、半分を新三に渡し、半分をチャッカリ自分が頂くのがコミカルだった。
新三が手に入れた金で長屋の皆に酒をおごるのはキップが良かった。
長屋の奥さん達の噂話を浪人の奥さんが黙って立って聞いているのが怖かった(噂していた長屋の奥さん達は蜘蛛の子をちらすように逃げていくが、浪人の奥さんは誰もいなくなっても後ろ姿で黙って立っているという撮り口)。
新三がヤクザに呼び出された後、皆の酒代の支払いを済ませて、逃げずにヤクザの所に戻るのは「男」だった。
浪人の奥さんが、浪人の嘘に愛想がつきて、浪人を刺殺し、自分も死ぬのが悲しかった。
ラストの有名な、走っていった子供の持っていた紙風船が、長屋の前の溝に落ちて流れていくシーンはとても印象的だった。
全般的に
貧乏長屋の楽しさとか貧乏浪人の悲哀とか新三の男気とか作品全体にいい雰囲気が多々ある。
ラストの紙風船が転がって溝を流れていくシーンが象徴する「貧乏な人達の人生は、紙風船のように簡単に破けるし、軽いので風に吹かれれば簡単に飛んでいく儚い人生だ」というメッセージ性もとても良かった。
撮り口でも印象深いシーンが多々あったし、86分と時間的に短いのもよく、無茶苦茶強い主人公とか胸のすくような展開とかは無いけれど、なんとも言えない味わいの良さがある時代劇。
「「紙風船」というのがボク的にはなんかとてもいい」心にそう願うワープアなボクも紙風船のような人生だなぁと思う長七郎であった。この歳になって山中貞雄を再発見。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人情紙風船 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる