ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文24

<<   作成日時 : 2009/01/31 09:32   >>

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃」(ジョセフ・E・スティグリッツ、リンダ・ビルムズ著)
生命の犠牲は志願兵と請負業者、戦費は赤字国債で税負担が増えていないので、現在の一般国民にとってイラク戦争のコストは少なくみえる。
イラクに軍備が注がれた為に、アフガン・北朝鮮は状況が悪化し、国内の防衛や災害対策が手薄になってしまった。
イラクのGDPは戦前より悪化し、4人に一人が失業者で、電力供給も不足している。
イラクの復興事業にコストの低いイラクの地元建設業者ではなく、コストの高いアメリカのゼネコンを使っている
イラクの石油関連施設には厳重な警備をしているが、武器や文化財などは略奪を止める事ができない。
全般的に
イラク戦争にかかったコストを色々な資料を基に分析して3兆ドルという数字を出していた。そのコストには、戦争の回転資金やイラク撤退までの駐留コスト、
消耗した軍備の補充やメンテナンスを先送りされた装備品を修理する将来のコスト、戦争終了後に開戦前の軍事力にもどすコストや、退役軍人の現在・将来にか
かる医療や障害補償のコスト、赤字国債による戦費調達に対する利息や、経済に対する影響(戦争による原油高や財政赤字の増大の影響など)などが含まれていて、
それぞれのコストについて詳しい説明や問題の提示がなされていた。
退役軍人の医療や障害補償に関するコストの所では、兵士が死亡した場合の補償が50万ドルと他国や民間の死亡補償に比べてかなり少ない事、医療や障害手当て
を受ける為の手続が複雑でしかも受付機関の人員や予算が少ない為に医療や障害手当ての支給が受けられない(支給が遅れている)人々がいる事などが説明されて
いて、イラク戦争で犠牲になった兵士達は報われないと思った。
経済の影響では、
財政赤字増大でも国内の貯蓄が増えていないので、その差額分、対外債務増加や国内の投資の減少が起こり、戦争の経費を他の国のおカネで賄う事になったり(対外債務増
加)、国内の需要を減らすだけでなく将来の生産も減らす結果になってしまう(国内の投資減少)という説明や戦争による石油の高騰(先物はイラク戦争により中東情勢が
不安定化し始めてから高騰しだした)は、石油の支出を多くし、その分アメリカ製品に対する支出が減少する為アメリカ製品に対する需要が減少し、それに対応してアメリ
カ製品の生産も減少して、アメリカ国内の経済成長を低下させるという説明や戦争参加者や戦争の犠牲者や戦争犠牲者を介護する家族が働けなくなる事による労働力の
減少は国内のGDPを低下させるという説明が印象に残った。

国際社会の秩序維持の観点(アメリカが独断でイラクに侵攻した事に対する批判)からも経済的な観点(イラク侵攻は経済的に割が合わないことに対する批判)からも、
アメリカのイラク侵攻は失敗であり、アメリカ軍は即刻イラクから撤退し,復興支援などを協力すべきだという結論はもっともだと思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文24 ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる