ママデューク

アクセスカウンタ

zoom RSS コント(ボク的「キングオブコント2013」)

<<   作成日時 : 2013/09/27 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

これはボクが20代後半頃に考えたコント2本です。

ドラえもん
ドラ「えっ。何空を自由に飛びたいって。ちょっと待ってな。ハイLSD。えっ何金。あっ警察来たから今度でいいわ。毎度」
ドラ「あぁかったりい。何もする気しねぇ」
ノビタ走って来る
ドラ「おうっ。ノビタじゃないかそんなに急いでどこいくんだ」
ノビ「ドラえもーん。聞いておくれよ。ジャイアンとスネ夫ったらひどいんだよ。ボコボコになぐって金を脅し取ったあげく、金が足りないから親の金を盗んで来いっていうんだよ。」
ドラ「そいつはちょっとひどいなぁ」
ノビ「ちょっとどころじゃないよ。しかもスネ夫なんか金持ちのくせに」
ドラ「よし分かった。いいのを出してやるよ」
ノビ「えっ。ひょっとしていじめられなくなる道具を出してくれるの」
ドラ「はい。出刃包丁。これで相手の脇腹を20センチもえぐれば相手は二度といじめなくなる」
ノビ「いやだよ。そんなの。怖いよ」
ドラ「もうノビタ君ったら度胸が無いんだから」
ノビ「度胸の問題じゃないよ。常識の問題だよ。まったく君みたいなのに頼ったのが間違いだったよ。君とはもう二度と会わないよ。じゃあね」
ドラ「何だいありゃ。まったく。はぁ。それにしても疲れたなぁ。都会にも飽きたしそろそろ22世紀にでも帰るかなぁ」
ノビタゆっくり登場
ノビ「ドラえもん」
ドラ「おうノビタじゃないか。二度と会わないんじゃなかったのか」
ノビ「そんなにつれない事言うなよ。僕ら友達じゃないか。」
ドラ「気持ち悪い事言うなぁ。ところでどうした。」
ノビ「いや実はね。僕、そろそろしずかちゃんとの友達以上恋人未満の関係に決着をつけようと思っているんだ」
ドラ「えっ。じゃあ遂に告白するの」
ノビ「うん。そこでドラえもんに相談に来たんだ」
ドラ「それなら言い道具があるよ。」
ノビ「えっ。ひょっとして恋愛が成就するような道具があるの」
ドラ「うん。ハイ、ゲンナマ。これを彼女の手にそっと握らせれば色よい返事がもらえる」
ノビ「女を金で買うなんて君は本当に最低だな」
ドラ「もうノビタ君たら。ケツが青いんだから。」
ノビ「君の性根がそこまで腐っているとは思わなかったよ。もう本当に絶交だ」
ドラ「何なんだあいつは。まぁ当分彼女はできないわな。そういえば俺も長い間、女日照りが続いたからミーコチャンに久しぶりに連絡してみるかな」
ノビ走ってくる
ノビ「ドラえもんヤバイよ。」
ドラ「どうした。そんなに焦って。絶交じゃなかったのか」
ノビ「そんな事いってる場合じゃないよ。君がLSDをさばいてるのを知って、警察が逮捕しに来るよ」
ドラ「本当か。でも何でそんな事を俺に知らせに来るんだ。俺と関わっていると君まで危ない目に合うぜ」
ノビ「何を言っているんだ困った時に助け合うのが本当の親友じゃないか」
ドラ「ノビタ。お前は本当に良い奴だな。じゃあサラ金のローンの連帯保証人になってくれよ。借金が雪ダルマ式に増えて本当に困っているんだ」
ノビ「君みたいなクズを助けようとした僕が間違っていたよ。」
ドラ「ごめんごめん。冗談だよ。」
ノビ「冗談いってる場合じゃないよ。警察がもう近くまで来ているんだ。早く逃げなきゃ」
ドラ「そうアセるなよ。それに警察には絶対捕まらないよ」
ノビ「えっ。ひょっとして何かいい道具があるの」
ドラ「うん。ゲンナマ。これを警察のお偉いさんの銀行口座に振り込めば事件を揉み消してくれる」
ノビ「君は何でも金で解決するのか。イカれているよ」
ドラ「もう。ノビタ君たら。資本主義の世の中というものが何も分かっちゃいないんだから」
ノビ「あっ。警察が来た。違う。俺はこんな奴の仲間じゃない」
二人が牢屋に入れられている
ノビ「あー。何で俺がこんな目に合わなければならないんだ」
ドラ「日頃の行いが悪いからだよ」
ノビ「それは君だろ」
ドラ「そうカリカリするなよ。ムショ暮らしも捨てたもんじゃないよ。雨露はしのげるし、食うにも困らないんだから。しかも規則正しい生活で健康になっちまうよ。」
ノビ「そんな不自然な健康なんて嫌だよ。そんな事より僕は早く家に帰りたいんだ。」
ドラ「何だ。君は家に帰りたいのか」
ノビ「当たり前だろ」
ドラ「そんならはやくいえばいいのに」
ノビ「えっ。ひょっとしてここから抜け出せる道具を出してくれるの」
ドラ「はいゲンナマ。これを看取のポケットにねじ込むと自然と牢屋の扉の鍵が開いている」
ノビ「もういいよ」
ドラ・ノビ「どうもありがとうございました」

残業
A「あぁーかったりい。まったく部長の奴、俺たちに残業押しつけて自分はさっさと帰りやがって頭来るよな」
B「きっと今頃どっかのキャバクラのお姉ちゃんの胸でも揉んでご満悦さ」
A「ちがいねぇ。あいつはドスケベ以外何の取り柄もねぇからな」
B「おかげで尻拭いさせられる部下は偉い迷惑だよ」
A「はっはっはっ、はー。そんな事言ってないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「あー全然仕事がはかどらねぇよ。はぁ。女房の奴今ごろ何をしているかなぁ」
B「きっと今頃どっかの男をくわえこんで、ベッドインの真っ最中さ」
A「ちがいねぇ。なにせ夫は今日も残業で午前様だからな」
B「おかげで生まれてくる子供は誰の子かわかりゃしないよ」
A「はっはっはっ、はー。そんな事言ってないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「あーっ。チョット疲れたなぁ。田舎の両親は元気にしてるかなぁ」
B「きっと今頃、寂しい老後を送っている事だろうぜ」
A「ちがいねぇ。ガキは面倒見ねぇし、頼れるのは年金だけだからな」
B「おかげで心の隙間を埋める為にマルチ商法やインチキ宗教が大はやりって訳よ」
A「はっはっはっ、はー。そんなこと言っていないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「フーッ。ちょっと一休みするか。今日のプロ野球はどうなっているかなぁ」
B「きっと今頃、巨人が又バカスカ打って大勝利している頃さ」
A「ちがいねぇ。野球も結局は資本主義に完敗って訳よ」
B「おかげで貧乏球団は高給取の選手がいなくなって喜んでいるぜ」
A「はっはっはっ、はー。そんなこといっていないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「仕事もだいぶ進んだなぁ。はぁ今頃テレビでは何か面白い番組でもやっているかなぁ」
B「きっと今頃タレントのくだらない自慢話で視聴者をうんざりさせているだろうぜ」
A「ちがいねぇ。どのチャンネルを見てもテレビから聞こえてくるのは札ビラで頬を叩く音だけだからなぁ」
B「おかげで視聴者は訳の分からない欲望に駆り立てられて、慢性的な欲求不満になるって訳よ」
A「はっはっはっ、はー。そんなこと言っていないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「あーあ。ちょっと一息いれるか。はぁところで今頃労組のお偉いさん達は何をしているのかなぁ」
B「きっと今頃又賃下げ春闘をしようと計画している頃だろうぜ」
A「違いねぇ。こんな不景気じゃ労組は全然機能しないからな。まぁ景気いい時でもあまり役に立たないけど」
B「おかげで今年もベースアップは望めず、労働者のうつ病は益々蔓延していくという訳よ」
A「はっはっはっはー。そんな事言っていないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「だいぶ遅くなってきたなぁ。こんな時間に政治家のお偉いさん達はなにをしているのかなぁ」
B「きっと今頃、高給料亭に芸者をあげてお楽しみの挙げ句、料金は国民払いにしている事だろうぜ」
A「ちがいねぇ。奴等は税金を有効に使おうなんざ毛頭考えてないからな」
B「おかげで又消費税が上がって生活が苦しくなるって寸法よ」
A「はっはっはっ、はー。そんな事言ってないでとっとと仕事を終わらせよう」
AB仕事続ける
A「ふぅ。後もう少しだ。それにしても今頃財務省の高給官僚達は何をしているのかなぁ」
B「きっと今頃、ノーパンシャブシャブに代わる下品な遊び場所を開拓中さ」
A「ちがいねぇ。大蔵省から財務省に変わろうと奴等の下半身は変わらないからな」
B「おかげで景気は回復せず、いくら残業しても給料はスズメの涙ってわけよ」
A「はっはっはっ、はー。なんか働くのが馬鹿らしくなってきたな。とっとと帰って寝よ」

「コントや漫才。良い相方がいれば一度は実際にやってみたかった・・・・。」心にそう願う長七郎であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コント(ボク的「キングオブコント2013」) ママデューク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる